教習所通いだしたけど車の運転怖すぎて世間のドライバー圧倒的尊敬

思ったこと

こんにちは!アラサーで免許を取ろうとしています!わたしです!!

 

なぜならわたしはUターンしてきたんすよ…(都会からド田舎の地元へ引越しをしたよ(いわゆるUターン)という日記

 

実家はとっても田舎なので車がないと1時間に1本の電車を待たねばなりません。仕事も大体が条件に免許を求められますし…こりゃ取るっきゃねえなということで…教習所に通ってるんですけど…

 

車の運転怖すぎでは…???

 

いや… 怖すぎでしょ…

 

スポンサーリンク

足先で繊細な強弱表現しすぎ

 

これ。もうこれ。わたしが今習ってるのはオートマなんだけどさ…

 

よもや生きているうちに足先でこんなに繊細な強弱表現するとか思ってなくない??どうなっている??

 

だって運転しててなにかの拍子に足先がギュン!ってなったら壁に激突待ったなしじゃん…ならないの?慣れてきたらギュン!てならないものなの??あんな繊細な強弱を足先で表現している間に飲み物とかどう考えても飲めないし教習中教官にめちゃめちゃ話しかけられるけどマジそれどころじゃないしS字の道は毎回道路から落ちるのでこのままでは週一で事故をおこしてしまう

 

足全体じゃなくて足の親指で踏むといいっていうけどそれができたら苦労しねえ…裸足になったらダメですか…

 

なんならアクセルとブレーキのどっちを今踏んでるのかわからなくなって教習中に3回ほど間違えてアクセル踏んだりしたので本当に無理 人の命を奪わない為にもわたしは車に乗るべきではない…

 

対向車線の人を信用しすぎ

 

いやもう!!さっきと同じようなこと言うけど!!

 

対向車線の人がちょっとハンドルギュン!ってやったら正面衝突でこの世からのオサラバじゃないですか!?!?!?!?避けられないよ!!!!なぜ前から走ってくる車が道順通りにすれ違ってくれると全面的に信頼しながら運転できるのか???疑問すぎる

 

だってこのわたしが対向車線にはみ出してしまうとも限らないということは当然他人もそうじゃないですか…ハア…?こわ…なにこの道路のシステム…車線に障害物が必要じゃん…

 

車のそばを通るバイクや自転車や人間怖すぎ

 

教習所の道を時速20km以下という超絶ノロノロ運転で走っていたときに前を猫が横切ってな…まずそもそもの運転が満足にできないのに避けるとかの高等技術を持ち合わせていないわたしはそれはもうパニックになって「ニャーーーーーーーーーーッッ!?!?!?!?猫ちゃんが!?!?!?いる!?!?!?どうし…どうすれば!?!?!?」と大混乱の様相を呈していたんですけど(というかなぜお前が「ニャー」とか言っているのかという疑問)(シンプルに痛い)教官は慌てふためくわたしを尻目に「ありゃ~あの猫えらいガリガリでからやせ細ってるねえ」などと冷静に猫の体調の分析をはじめていて今年のそれどころじゃねえ選手権堂々の第一位を獲得してました。

 

先の方の道路を横切る猫にこれだけパニックになってたら並走するバイクや自転車なんてどうするのかと…自分が運転してみた感じ細い道で動き回る小学生などに車が囲まれた時とかやばくない??というかどう考えてもなんかの拍子に足先がギュン!ってなってぶつかる可能性85%くらいあるから本当に今までなんの疑問もなく車のまわりにまとわりついていた自分最上級に恐ろしい…

 

今後間違っても車の前通りたくないし道を歩くのも命懸け…

 

そして運転したとして誰もわたしの前を通らないでほしい…歩行者とかも他人の車の運転を信用しすぎだよ…すぐ死ぬよあんなん…

 

こんなに科学が発達してるのに車の運転の仕組み難しすぎ

 

えっ普通に運転の仕組みめちゃ難しくないですか??

 

アクセル踏んでからスピードが出るまでのあの妙な時間差なに!?!?この足先の1ミリ2ミリの踏み込みからどれくらいの速度がどれくらいの時間で出るのかっていうのが車の個体差によるとか行き当たりばったり感が尋常じゃない!!!!!!!!!!

 

そんなんでいいの!?!?!?人殺せるんだよ!!!!!この車ってやつは!!!!(迫真)

 

これだけいろいろ科学が発達していたら足先の繊細な表現で毎回60kmを維持しようとしなくてもボタン一つで最大速度を10段階くらいで固定してくれても良くない???

 

60kmのボタンをポチっと押したらいくらアクセルを踏んでも最高60kmしか出ないみたいな仕組みにしてしまえばスピード違反なくなるじゃん…というかボタンでなくとも道路部分に車と干渉しあって救急車とかそういうもの以外はその道路を走るときは最高60kmしかでなくなるみたいなのあってもいいと思うんだけど現在の車えらい原始的…

 

仮にもすぐ人を殺せる質量の凶器といっても過言ではない車にそういう機能がついてないのめちゃめちゃ物騒では…

 

実際乗るまでこんな真剣に車のこと考えたことなかったからもっと先進的な仕組みだと思ってたわ…

 

逆にそういう機能も実は実装できるけど一般に流通させるにはコストかかりすぎるとか値段が高くなりすぎるとかの金銭的問題での未実装なのか…??

 

いや今時扇風機でも強弱やらの調整ができるというのにまさか車がそんな足先の感覚だよりだとは…思ってなかったから…足先の繊細な表現というところにやたらこだわってる風だけどわたしにとってあの車の運転方法は何度も言ってしまう程度には衝撃的な事実だった…びびるわ…

 

ここで調べてみたらどうやらクルーズコントロールというアクセルを踏み続けなくても速度調整してくれるシステムがもう実装されているらしい

 

現状すべての自動車に実装とはいかないものの、どんどん実装は進んでもっともっと運転が簡単になっていく日もやってくるのかなあ…やってきて…ほしいなあ…(切実)

 

結論:世間のドライバーたちマジですごい

 

この記事のわたしの有様からご察しでしょうけどあんまりにも車の運転が恐怖すぎて毎日なに食わぬ顔で運転している世間のドライバーに圧倒的尊敬です…

 

みんなすげえな…すげえな!!!!!

 

そして自分が乗ってみてより一層車で迎えに来てくれたりする友人や家族の苦労が身にしみる…マジありがとう…本当に…お手間をおかけします…

 

でも教習所って思ったよりみんな優しくて通うのが苦じゃない!!なんか行ったことない身からしたらめちゃめちゃ怒られたりすんのかなって怖かったけどぜんぜんそんなことなかった。受付の人も教官もとてもやさしい 平和な世界だ……

 

あと車って見たらめちゃくちゃかわいいのとかあって欲しい(気が早い)

これとかやばくない?レトロ風のものに目がない…かわいい…

 

こんな調子で果たしてわたしが免許をとれるのか本当に不安で仕方ないですが、通い始めたものなのでめちゃくちゃ頑張ります…ハア…がんばるぞ…

 

みんなもこの先わたしが無事故無違反で生涯を終えられるよう祈ってください(重い)

 

チャオ!!!!!!!

Comment

トップへ戻る