【感想】刀ミュ東京心覚がなにもわからない【ネタバレまみれ】

スポンサーリンク
舞台・映画・特撮

こんにちは、のの乃だよ!

ミュージカル刀剣乱舞の東京心覚が3月7日に始まったよ!!!早速初日を配信で見るアタシ!!!!

見終わるアタシ!!!!

え?これは何????え????なにもわからない…………

スポンサーリンク

1部、なにもわからない

特設ページ - ミュージカル『刀剣乱舞』 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ
ミュージカル『刀剣乱舞』 の公演情報やチケット情報、キャストなどのオフィシャル情報をいち早くお届けいたします。

なにもわからない…(そればっか)

まず話の時系列が不明、突然武将が出てきては歌い刀が顕現されては歌う。

出陣しているのかしていないのかも謎。なにかを守ってる?偵察している?なにもわからない。何の説明もない。

ひとまず登場する歴史上の人物は以下の4人。

  • 平将門
  • 太田道灌
  • 南光坊天海
  • 勝海舟

この時点でみんな時代がバラバラ。今までの公演のように一つの時代に出陣してそこで過ごす、みたいな感じではなさそう。

話の流れをざっと思い出すと(正直全部ブツ切れで描写されるから流れも何もねえんだけども)、まず最初に映ったのは現代の東京。そこに佇み、「ここが東京、かつての江戸」みたいなこと言う水心子の元へ敵が現れて突然戦い出す。水心子はずっとなにやら抽象的な事を喋ってはいるが抽象的なので何のことを言ってるのかはまったくわからん。

というかこの時点で現代の東京に刀剣男士来てるな…???現代遠征だったのか???

でかい満月が映る静かな場所で能面をかぶった女の人が出てきて、「きみは誰だ!?」てなる水心子。ウチラも「誰ェ!?!?!?」てなってた。あと今回の刀ミュやたらクラシックがBGMで流れててめちゃくちゃ不穏だった。月光だっけ?クラシックってなんでかすごい不穏だよね。不穏だった。

いつもの刀剣乱舞OPを8人出てきて歌ったのめっちゃ壮観だったな…いつもは刀ミュ6人だから…2人増えただけでこんなにワーーーッッて感じになるんだなと思った。

最初は平将門がバッ!て出てきて歌いながら敵をバサバサなぎ倒して、それを水心子とが清磨が見守っている?見張っている?偵察している?という感じ。

あと水心子は1部の序盤ずっと頭の中に歴史や風景が流れ込んできてことあるごとに「ウッ…!」てなる。なぜか時々三日月宗近の声もする。ナンデ!?!?今回三日月宗近いませんけど!?!?!?

次にソハヤと大典太が一緒に行動して天海を守るため?敵と戦ってるところと、場面が変わって五月雨江と村雲江が顕現するところが何の説明もなく描写される。

あいだあいだで本丸で過ごしてる場面も差し込まれる。清麿が水心子を心配してるげな感じとか…

そして豊前は朗らかな顔して「俺の存在もいるかいねえかわかんねーしな!」みたいなしんどいこと言い出す。豊前江という刀は所在不明なんだっけ?そんなこと言うな!!!!!!!!!!!!!になる

ソハヤと大典太が俺らがちゃんと守ってたら江戸は続いたかもとか言ってた。勝海舟は江戸は放棄するから戦うのはやめよう!みたいな話をしていた。

わたしの話支離滅裂だと思う????あのね、マジでこんな脈絡ない感じで次々といろんな場面に変わってたからね。だから見てる人なにもわかんね~!てなるんだよ。書きながらわたしもわからん。

あとでかい満月が映る静かな場所で桑名がずっと土を耕して「何もなくなったここもいつか草木が育つかな」みたいなことを言っている。そこはどこなの?????話の感じからどうやら今まで原作ゲームでも何度も出てきた「放棄された世界」らしい。更に言うとその何もなくなった放棄された世界は東京っぽい。

太田道灌が江戸城をずっと建ててるところも描写される。これまた刀剣男士が見守っている風な感じで。

水心子が「わたしはここで生まれた」って言ってたからやっぱ江戸とか東京とかそういう土地の…歴史を…なぞってる感…

能面の女の子もことあるごとに出てきて不穏な感じで踊って去って行きます。あなたは誰なの!?!?!?!?!?

「線を引く」「境界線」「結界」みたいなキーワードと、「存在が曖昧」とか「存在の定義」みたいな話もちょいちょい挟まる。刀剣男士の中には、ひとつの刀のそれまでの歴史から擬人化して顕現した子もいれば、その刀の名前にまつわる逸話や伝説が寄り集まって顕現した子もいて、そういう逸話の集合体みたいな子は、その物語を知っている人間がいたから存在できている、って風に曖昧なものとされていて、今までの刀ミュで何度も言及されてるんよな。

水心子は名前や逸話の集合体で、豊前も行方がわからんから自分の存在が曖昧だみたいな話をしていた。

刀ミュで良く出てくる「役割」は今回も出てきますよ。

どっかであおさくの先輩が稲葉江だったぽいこと言われて審神者みんな「エ!?!?!?!?!?サラッと今何か情報がお出しされた!?!?!?」て大混乱してた。豊前が「いなさん」って言ってたから多分稲葉江なんだろうな…

そうだ!!!!あと大典太だっけ?めっちゃ気になる事言ってた!!!!前回あおさくで「三日月宗近という機能がある」という謎の爆弾発言を鶴丸か誰かがしてたけど、それについて大典太が「俺に言わせれば呪いだ」って言ってた。

「機能」は「呪い」…?????わかるようなわからんような。

そんでそのうち平将門が死んで怨霊になって7人に分裂して、太田道灌も殺されそうになったところを歴史修正主義者に救われてしまって歴史が変わりそうになったので豊前江が一切のためらいもなく殺した(ここの豊前江マジヤバじゃなかった??????????あんなに爆イケ彼氏の太陽属性だと思ってたのにめちゃくちゃ刀剣男士するじゃんマジかよ…しかもパライソの海に連れて行ってやりてえとか言い出しておいおいおいおいこっちはパライソチケットとれてたのにコロナのカスのせいで見れなかった女だぞパライソの匂わせをするんじゃないよ完全にこの豊前パライソを経た豊前だ…てなった)

水心子はどうやら三日月宗近の機能や思惑がなんたるかに気づいたっぽくて、今までの公演で物部とされた人たちがバーーーッて映像で出て、今までの公演のキーワードになってた花も出てきた。あの花が三日月宗近なの?もうなにもわからんのに水心子だけは「そうか…あなたは…」って何かがわかっていた。置いていかんといて!!!!!!!!!!!!!!

何かに気づいて吹っ切れた水心子、三日月宗近を救う事にしたらしい。でも三日月宗近は救えないとも言っていた…救えないけど心を軽くすることはできるはずだみたいな…え?今刀ミュの三日月宗近どうなってるんですか?????というか時系列いつ?????これは…何??????(またそれ)

なんかわからんけど水心子は天海が家康の望んだ泰平の世を守るため江戸に結界を作る!て言ったのを手伝うことにしたみたいだった。

勝海舟に会って、水心子が「あなたは何がしたかったのか」て質問したら国を守りたかったって言ったからなぜか水心子はめっちゃ喜んで「あなたは結界を広げようとしたのか!」って言ってた。

そんでさっき死んだ平将門を7人封印して江戸に結界をはった。天海はその後死んだ。

おんなじように太田道灌にも天海にも平将門にも水心子は質問してた。天海は家康の望んだ世の為みたいなこと言ってて(み、みほとせ~~~)、平将門は好きな女がいたから親王を名乗ったて言ってた。このへん水心子が何を知りたいのかいっこもわからんかったけど、平将門は三日月宗近に会った事あるっぽくて、彼らみんな物部だったんかな????歴史に名は残らないけど、歴史を守るための刀剣男士の協力者?

フィナーレみたいな歌登場人物みんなで歌っててめちゃくちゃミュージカルのクライマックスだった(ミュージカルだからね)

それで最後に、水心子はまた抽象的な感じで何かを言うんだけど、最後だけ「ここに来たくてもこれなかった人、来たかったよね。来ない事を選んだ人、来れた人、みんな間違っていない。気持ちは伝わっている。必ずまた巡り合える」と明らかに客席に向かって語りかけるワケ。

今までなにもわからんかったウチラもさすがに理解した、これはウチラに言っている…!!!とね!!!(名推理)

どうやら能面の女の子はいずれ出会う客席のわたしたち、歴史に名は刻まないけどここにいるウチラ、どこにでもいる人々のうちの一人、みたいなことらしい。

三日月宗近をどうにかするキーパーソンが水心子で、これまでとこれからを繋ぐ架け橋が新々刀、人と人ならざるものの架け橋が江、江の役割がなんかあるっぽい。

おれたちの役割を果たそう!散ッッ!!東京!バアン!~終~

そんなこんなで1部が終わった。

マジでなにもわからんかった。

自分なりに頑張って咀嚼してみる

え待って自分なりに整理するね?昨日からもうわからんという感想しかないので…

ひとまずこの話の総括としては「コロナが蔓延して今までの平和な現実がままならないウチラへのメッセージ」みたいなことがいっこテーマとしてあるんだよね?それで「東京」という場所を色んな時代から描いており、その中には放棄された歴史バージョンの滅びた東京も含まれていると。滅びた東京=コロナがある現在?

平将門→三日月宗近と接触したことある。物部?歴史の為に死ぬ運命。平将門がどんな人物でどうやって死んで怨霊になったあとの顛末まで描かれる。天海が江戸に結界を張るために必要な存在。

太田道灌→ごめん正直この人わからん 江戸を確固たるものにする江戸城が重要だから居たのか?境界や結界とは何の関係が…?江戸城を建て始めて歴史通りに殺されるところを描写される。

天海→みほとせ、あおさくでは徳川家康が300年子守歌が聞こえる平和な歴史を作るという話をやっており、それを存続させる為に平将門の怨霊を使って江戸に結界を張って死ぬまでを描かれた。

勝海舟→天海が張った結界を国中に広げようとした(水心子談)水心子の元主。劇中では死ななかった。あんまり出番もなかった。

水心子→江戸で生まれたとされる刀だから、今回の主人公になった?新々刀(江戸後期から廃刀令までに作られた刀)はこれまでとこれからを繋ぐ架け橋。刀の時代が終わるころに生まれたから、みたいなことなのかな~。東京の地の映像が頭に勝手に再生されて苦しんでいたが、自分をしっかり持つぞ!俺は水心子だ!と吹っ切れてからはなんかわからんけど三日月宗近を助けることを決意している。

江→人と人ならざるものの架け橋。人ならざるものて誰の事!?!?!?刀のこと?「江と化け物は見た事がない」てことわざができるくらい実在があやふやだからそういう役割になるのではと考察している人がいた。今回は放棄された世界を耕したり歴史の人物を見守ったりなんだりしていたが豊前が一番しんどい感じだった。最後江のみんなに記憶が流れ込んで「まさか!」てなって終わったからなんなのか教えて欲しい そっちで自己完結すんな!!!!

ソハヤと大典太→ソハヤは家康の刀で霊刀。家康の子孫を守る役目の刀。大典太は天下五剣で霊力があると言われてる刀。ソハヤは家康の刀だから配置されたのか?ソハヤと天海はなんやかんや喋ってたけどよくわかなんかった。何か関係あるのかもしれない

「機能」は「呪い」っていうの、「願い」とか「祈り」とかとも同義だったりすんの?歴史を守るための機能…歴史を守るための呪い…大きな川のように連なる未来を一つの結末に収束させるための機能…三日月宗近が???三日月宗近マジで何者なの?????

あおさくの明石とか合わせて考えたらもう少しマシな結論が出そうだけど残念ながらわたしはあおさくの鶴丸がキャワだったという記憶しかない。

あとあのやたら強調されてた「結界」とか「線」てなにかの比喩だよね?比喩だということはわかるがなんのことかはサッパリわからん。心の距離みたいなこと?自分と他人との境界線?え?ソーシャルディスタンスのこと????いやさすがにそこまでコロナ寄りではないよな(コロナ寄りとは?)え?江戸の結界って緊急事態宣言のこと?いやさすがにそこまでコロナ寄りではないよな(デジャブ)

う~~~~~~~~~~~~~~~ん、伝えたい事と起こった事はなんとなくわかったけど、やっぱりよくわかんない!!!!!!!!まあでもわかんない作品なんだろうな!!て思う、今までの刀ミュはちゃんとわかるように作られていたので…あえて抽象的にして、コロナと戦ってる今だからなんとなく通じるようにしたのかな。もしくは今後の作品や刀ミュの展開で腑に落ちたり「そういう事か~~~!!!!」てなるのかもしれない。

エヴァみたいて言ってる人いて確かにwwwwwてなった。この難解さはエヴァだった、東京心覚はエヴァ(確信)

2部、良すぎませんか??????

源清磨の二部衣装良すぎませんか!?!?!?!?!??!?!?!!??!?!!?!?!?!?!?!?!?!?!?

わたし清磨と水心子持ってないし正直なんの感情もなかったんですけど2.5にされるとやっぱりすきになっちゃうよ!!!!!!!!!!!!!!こちとら江だってこないだの壽で「え!?すき!!!!」てなったばかりなのによ!!!!!!!!!!!!!

いや…清磨の二部衣装良すぎじゃない?良すぎた なにアレ????なんかこうチャイナ服を彷彿とさせるっていうか わたしチャイナ服大好きなので腰のあの布めっちゃ好き というか清磨の顔、かわいくない!?!?!?!?なんでそんなにその髪型が似合う!?!?!?!?

今回曲も衣装も韓国アイドルみたいだった…江完全にBIGBANGだったけど(ごめんBIGBANGよく知らん完全にイメージで喋ってる)

江がスカジャンみたいなの着ててすげえよかった、似合い過ぎる!!!

あと三池のデュエットめっちゃ仮面ライダーの挿入歌だった、オーズのアンクと映司のデュエット思い出したもん…

いや清磨と水心子のデュエットも超超超よかったけど!!!!!めちゃくちゃ韓国アイドルみたいな曲だった、ごめんもう語彙が韓国アイドルみたいしかない なんていうの?わかんない表現できない、とにかく清磨と水心子が可愛すぎた…恋の歌歌うんじゃないよ好きになるだろ!!!!!!!!!!!!!!

途中でダンスバトルみたいなのしててすごい新鮮だった。

第三形態の大典太の布めちゃくちゃ少なくて画面に映ったときめちゃくちゃ動揺してしまった。あと豊前はスケスケでした(語弊)

わたしテニミュの民なのでテニミュ出てた俳優無条件で好きなんですけど、今回の刀ミュ、水心子と大典太と村雲と五月雨がテニミュだったんですよね。特に水心子のこにせはわたしが一番愛してた2ndの時の子だったので最初から大好きでした。

こにせがラケットもって踊ってるとこしか見た事なかったからそういう軽やかなステップ踏まれると好きになっちゃいますね(すぐ好きになる)

あと五月雨江は3rdでわたしの推し学校氷帝の滝さんをやってた山﨑晶吾くんなんですけど、テニミュの時に彼の演じる滝さんめちゃくちゃ好きだったので相変わらずの顔面の美しさにスキダ…てなってました。五月雨江の二部衣装も色気すごくてサイコ~でした。彼は投げキッスもできるし歌も上手いしターンも綺麗なのでおススメです。

名前全然だしてないけどソハヤの人も爆イケだったし村雲もかわいかったし桑名もかわいかったよ!みんなよかった…みんな歌うまかったね…2部一瞬過ぎてあと3時間くらいやってほしかった。

今後彼らが刀ミュのライブとかに出てmistake犯すと思うと楽しみでしょうがない(好きな子にすぐmistake犯させたくなる病)

東京心覚、わけわかんなかったけど良かったです!!!!!

何をもって良しとするのか問題あると思うけど、わたしは出されたものをわりとそのまま受け取って嫌な所より好きだった所を考えるタイプなので特に不満はなかったよ!!!!!!そもそも嫌だと思ってないしな…

まあわけわからんすぎて賛否両論あるのはわかる…思ってた感じじゃなかったら落胆するのもわかるが…わたしおおざっぱだから相当崩壊してない限り自分が見た舞台や映画やアニメに演出とか脚本とか話の展開とかの不満持つこと、あんまりないんだよな。

わけわからんなりにオモロかったのであとは色んな人の考察とか解釈読んで楽しむことにする~~~~!

このわからなさはいずれ刀ミュを追いかけるうちに解決すると思っておく。未来のわたし、この記事を読んでいますか?わからないところはわかりましたか???わかっていてほしい(これでわからんままだったらさすがにウケる)(ウケるな)

きっとわたしのネタバレまみれの記事を読んでもわけわからんと思うからこのわけわからんさを体験したい人はぜひ東京心覚見てくれよな☆

チャオ!!!!!!

Comment

トップへ戻る