【アニメ感想】ジョジョ黄金の風12話13話~フーゴ…すき…~

スポンサーリンク
アニメ・漫画・ゲーム

ジョジョの奇妙な冒険の話です。こんにちはのの乃です。

 

ジョジョアニメの話は1話の時に別の記事でチラっとしたんですけど(アニメジョジョの奇妙な冒険/黄金の風のジョルノが予想以上にイケメンで震える)なんといっても…わたし…パンナコッタ・フーゴが…好きでして……

 

いやもちろんほかの子もすきだよ!?!?!?ナランチャVSホルマジオ回めちゃめちゃ作画よかったしよ!!!!ナランチャイメージ先行のかわいい存在じゃなくて最高にイケメンだという事を叩きつけられたよわたしは!!!エアロ・スミスのナランチャへの着陸めちゃかっこいくない!?!?SUKI!!!!

 

その流れで12話13話とマン・イン・ザ・ミラー戦だったわけですが!!!!!

 

フーゴの過去がアニオリだよォ~~~~~!!!!!!!!!

 

いや有能かって………

 

ジョジョの奇妙な冒険黄金の風のスタッフめっちゃ有能かって…

 

すごいパーフェクトなアニオリいれてくることない!?!?!?

 

そもそもパンナコッタ・フーゴは漫画でのその顛末からファンにとっては消化不良というかなぜなんだフーーーゴーーーーーッッ!!!!!みたいな気持ちを抱えながら5部終わってしまうやん???

 

恥知らずのパープルヘイズ(5部後のフーゴが主人公の公式小説)を読んだときにどれだけ「アア~~~~!!!!!!!!!」となったことか!!!!

 

 

しかしどうやら恥知らずのパープルヘイズの中の設定は原作との相互性があんまりなさげというか、あくまでノベライズのための世界線みたいなとこある

 

でもフーゴの過去の詳細が公式に示唆されたのって我々にとっては恥知らずのパープルヘイズしかなかったわけ!!!!!フーゴが一体全体どうして教師を辞書でメッタ打ちにしたのかって理由はこの小説でしか描かれてなかったわけ!!!!

 

それを!!!!このアニメのスタッフは!!!!!!

 

やりおったんですわ………

 

ちなみに原作では理由不明。なんならどういう経緯でブチャラティと共にあるのかという部分も明かされていない。はず。確か。

 

恥知らずのパープルヘイズでは、教師がフーゴの心の拠り所であった祖母を侮辱したことで辞書メッタ打ちの刑に処している。

 

今回のアニメでは、教師にセクハラまがいの事をされた上、引き換えにテストの内容を教えるといわれ、尊敬していた人がゴミクズだったことにブチ切れてメッタ打ちの刑。

 

Twitterでこのフーゴの過去が補完されたことにより、この先の展開で明暗がわかれるナランチャとの対比ができているみたいな考察読んで確かに~~~!!!!ってなった

 

フーゴとナランチャ、ギャングになるまでの過去が似てるんだよねえ…だからフーゴはナランチャを連れてきてスパゲッティ食わしてやったんじゃんね…ハア…

 

とにもかくにもこの2話でくそかっこいいパープル・ヘイズ見させていただきましたし、敬意を表するフーゴも見れたので「ありがとうフーゴ戦闘回…愛…」みたいな気持ちです。

 

フーゴって頭良くて物腰柔らかで冷静な感じなのにすぐキレるっていう性格と、自分でも制御できない殺戮スタンドを持っているっていうギャップがめちゃくちゃモエポイントなんですよね…どう考えても超怖いじゃんパープル・ヘイズ…あんな参謀系なのに後ろに控えて人を守る事に不利なスタンドって…ええ…?この1文だけで小一時間はときめけるよ…

 

わたし物腰柔らかな参謀系、すぐ好きになるんで…しかもそういうキャラの普段とは違う雄みみたいなの感じるとすぐ好きになるんで………そりゃ好きになるよね…フーゴ…

 

この先もこういうストーリー補完のアニオリがたくさんはいると思うと、アタイ、気が気じゃないッ!!!

 

今後のジョジョ5部アニメにも期待です!!!!!

 

チャオ!!!!!

Comment

トップへ戻る